Uターン転職で失敗・後悔しないために

 

 

 

地元に帰って転職をする、いわゆるUターン転職が増えつつありますが、まずそのメリットとは何か。

 

・物価が安いので生活水準が上がる
・住み慣れた土地なので出かけやすく、昔からの友人が多い
・子供がいる場合、自分の親に面倒を見てもらいやすい
・親に何かあったら・・・という不安が解消される
そのほか、渋滞やラッシュに遭いにくい事や、自治体のサポートが手厚いという声もあります。

 

逆に、デメリットとは?

 

・自分の希望に合った(得意とする分野)の求人が見つかりにくい
・年収が低くなる
・中小企業にかたよった求人
・近所づきあいが濃厚の場合が多く、面倒
・車通勤がほとんどなので、車を持っていないと不便

 

これらを踏まえて、Uターン転職がおすすめな人を分析しました。

 

⇒年収が低くなっても生活のゆとりを優先したい
お金の事よりも、住む環境や周りのサポートなど、心のゆとりが大きく感じる人は満足度が高いと言えます。

 

⇒地元にも働きたい仕事がある
都心部よりも求人数が少ないため、事前に仕事の的を絞って帰るという人は成功しやすい傾向にあります。
やりがいを求める方が上回っている人はその仕事が長続きするでしょう。

 

⇒車通勤でも気にならない人
都会の方だと交通機関が充実していたため全く必要がなく、むしろぜいたく品だと思われていた車も、土地によっては家族一人に一台あるところもあり、実質「足」として活躍しています。
慣れてしまえばラッシュで毎朝苦痛を味わうこともありませんし、季節を問わず快適な通勤が実現します。

 

これらを十分に考え、自分はUターン転職が本当に合っているかどうかを分析してみましょう。
最後に成功する法則として
地元に強い転職エージェントや転職サイトを活用する
という方法があります。
地方やUターン転職に特化したものもありますので、こうしたサイトを利用することで他の媒体では見つけられない非公開の求人を探すことができるでしょう。

 

 

 

⇒失敗しない転職が実現する、数ある転職エージェントの中でもここだけおさえていればOK