転職サイトと転職エージェントはどう違うの?

 

 

転職を決意してから、よく耳にする「転職サイト(求人サイト)」「転職エージェント」
そもそも、その2つはどう違うの?同じじゃないの?
と思う人もいるのですが、実はこの2つ、全く別のものなのです。
知らないでいると絶対に損をする!
必ず違いを知って使い分けるようにしましょう。

 

・転職サイトとは

 

求人を募集している会社がサイト内などで紹介しているものになります。
募集している業種や勤務地、これだけは持っていてほしいスキルなど、それぞれ異なる求人先がたくさん紹介されており、自分に合った会社があるかどうか、その中から見つけます。
自分で探すので、自分のペースで転職先を探すことができます。

 

・転職エージェントとは

 

転職サイトが自分で転職先を見つけるのに対し、転職エージェントは担当アドバイザーが求人先を見つけ出してくれるというものです。
担当アドバイザーが事前に適正を判断し、希望する条件にピッタリ合うか、今までのキャリアを生かす仕事ができるかなどを判断。ベストな転職先を見つけてくれます。
また、在職中に転職活動をするときなどは面接の日の手続きや聞きにくい条件の交渉などを代行して行ってくれるので、かなりありがたい存在になります。
さらに印象が良くなる履歴書の書き方や面接の方法なども伝授してくれるので、やみくもに活動するよりもかなり成功率が高くなるというわけです。

 

ここでは転職サイトと転職エージェントの内容をお伝えしましたが、実際のところは転職サイトに比べ、転職エージェントの方が求人数が少ないですが、非公開となっているものが多いです。その分、厳選された企業ばかりが登録されていて、採用率が高いので、少なくても効率よく転職活動できるというわけなんです。

 

 

⇒希望している仕事内容で選べる転職サイト&転職エージェントはこちら