転職するのに年齢制限がある?

 

 

転職するのにリミットがあるという噂があることをご存じでしょうか。

 

28歳、32歳、35歳・・・など、さまざまな憶測が飛び交っています。

 

まず、28歳説について。
理由としては、仕事を覚え、定着していくのに2年はかかります。社会人として一人前に認められると言われている30代前半までに実績を残すためには、最低でも30歳までに転職をしておかなければその時期がどんどんずれてしまいます。逆算をして、28歳がそのギリギリの年齢ではないかという説です。

 

次に、32歳の説
その理由が、上司になる人が自分よりも年上であるというギリギリの年齢というものです。
昔ながらの「年功序列社会」が根深く存在し、まだまだ気にする会社もあることも事実。「上下関係」というのは、「スキルの違い」か「年齢」かというところで意識の違いが生まれています。
とはいえ、今の時代、スキルの違いが重要視されている会社が多いので、上司が年下であっても、自分よりもスキルが高ければ問題はないと考える企業が増えつつあります。

 

そして、一番よく耳にする35歳が転職の限界という説
それは、その年齢を超えると定年(60歳)まで25年を切ってしまい、キャリアアップの時間が足りなくなるため・・・というものです。
しかし、これも噂でしかありません。なぜなら現在35歳以上の転職成功者は全体の35%もいるので、これは事実ではないということになります。

 

また、女性においては30歳が転職の限界という説もあります。
それは女性だから求人が減る、ということではなく、一般的に結婚や出産などの人生の節目を目前にした年齢であるため、1年2年で辞められては困ると考えている企業がほとんどだからではないでしょうか。
しかしながら若い人材が減っていく中で今後こうした状況も変わっていきつつあると思います。

 

 

⇒お世辞にも若いと言えないのが40歳以上・・・転職成功させるには