失敗する転職理由とその対策

 

 

今働いている、もしくは働いていた会社に不満を抱えて転職を考える人は意外と多いようです。しかしながら、転職したからと言って次に満足のいく日々を送れるかというと、100%保障はないということも念頭に置いておいてください。
人はなぜ転職に失敗してしまうのか。
まずは、転職したいと思うきっかけとなるの理由と対策を探ってみましょう。

 

 

仕事にやりがいが見いだせない

 

仕事がつまらなく感じたり、やりがいあるとは思えない・・・そう思って転職する人が増えています。
自分にはもっと才能があるのに、こんなことをしていてもいいのか?いや、こんなつまらない仕事よりももっといい仕事があるはずだ・・・という気持ちを転職理由にしてしまうと、次の転職先の面接官には「ただ仕事に不満があって辞めた人」という目で見られ、全く魅力的には映りません。
たとえつまらないと感じた仕事であっても、その仕事を変える努力をしていなければ、すぐに仕事を放棄する人だと思われてしまうでしょう。
まずは、仕事を楽しむ努力をすること。転職を考えるのはそれからでも遅くはないでしょう。

 

人間関係の失敗

 

どこで働いたとしても必ずついてくるのが人間関係の問題です。つまりは、以前の仕事で人間関係が悪くても次に働いたところで良い環境とは限らないのです。
ここで一度頭に刻み込んでほしいのが、「人間関係は自動的に作られるものではなく、自分の努力で変わるもの」という事です。もちろん、すべてこれが当てはまるわけではありませんが、自分の努力なしでは改善されないということを忘れないで下さい。
さらに、転職理由として以前の会社での人間関係の悪化を持ち出すのはあまり良くないでしょう。
マイナスなことよりも、プラスな表現をアピールした方がいいからです。

 

給料が低かった、下がった

 

 

昔とは違い、年功序列で給料が上がっていくシステムはもう古いと言われる時代です。自分の仕事を評価されてからの対価なので、下がっていくという現実はかなりショックを受けてしまいますね。
しかし、以前の会社のお給料事情を次の転職先に伝えるのはかなりマイナスです。
転職理由として説明する場合は、自分のキャリアプランをアピールし、転職によって成長したいという前向きな気持ちを伝えましょう

 

 

部署の異動

 

大きな組織に入る人は特に部署異動によって今までしていた仕事とは打って変わって、ある日突然全く違う仕事をしなければならないことが多々あります。ですが、部署異動はある意味サラリーマンの宿命です。そのたびに転職を考えていたらきりがありません。
まずはその部署の仕事を覚え、その業務が自分に合うかどうか、納得のいく仕事ができるかどうかを判断しましょう。どうしてもできない仕事であるなら、その時に転職を考え、転職理由を明確にしていきましょう。

 

精神的、体力的な限界を超える

 

最近よく聞くブラック企業の内容として最も多い「休みがない」「サービス残業」ですが、これによって精神的にも肉体的にも限界を超え、うつ病になるまで頑張ってしまう人もかなり多いです。日本人はとにかく真面目なので上司に言われた事は最後まで守り、頑張ろうとするので自分でも気づかないうちに身体がむしばまれていることも。一番大切なのは自分自身です。
転職する前に、改善点がないか部署異動や上司に報告などで状況を変えることができないかをもう一度冷静に考え、その上で改善が見込めないのであれば転職を検討しましょう。

 

⇒それでも解決しない・・・自分は本当に転職した方がいいの?