どうしてもブラック企業は避けたい方へ・・・

 

 

・・・でも、仕事をしないわけにはいかない。

 

 

 

このサイトでは、

 

実は知っている人は少ない、

でも

確実にブラック企業に出会わないために必要な

「ちょっとしたコツ」

を公開しています。

 

 

 

 

 

 

転職に成功する履歴書の書き方

 

 

自分を様々な角度から企業に対してアピールする手段、それが履歴書です。
面接ももちろん大事ですが、履歴書は手元に残るため、自分の魅力を盛り込み細部までこだわって制作したいものです
大企業の採用担当者ともなると毎日多くの応募書類をさばくことになりますので、誤字脱字はもってのほか。体裁が整っていないものは見送られることもあるので気を付けたいところですね。

 

1.基本情報欄
日付や氏名、住所や電話番号などは採用担当者がまず目にする項目です。
履歴書全体の印象が決まる箇所とも言えるので、特に丁寧かつ慎重に書きだすことが重要です。

 

2.学歴・職歴欄
学校名や企業名は省略せずに正式名称で、入学・卒業や入社年度などは間違いのないように、正確な情報をしっかりと記入しましょう。
担当者からはわからないだろうと思って適当に書いていると「経歴偽証罪」となる可能性もあるので、とにかく正しく書きましょう。

 

3.免許・資格欄
企業へのアピール材料の一つとして、どんな免許や資格を保有しているのかも重要です。仕事に関連づけて言及できると、より効果的に伝わるでしょう。

 

4.趣味・特技欄
一見あまり採用とは関係のないように思えますが、採用担当者は趣味や特技欄の内容などからも、応募者の人柄や性格を探ろうとしています。空欄にしたりせずに、しっかりと書くようにしましょう。

 

5.本人希望記入欄
希望があれば書くことは有効ですが、伝え方は慎重に。「希望が通って当たり前」というニュアンスは避けなければいけません。

 

⇒自分が書いた履歴書が正しいものなのかわからない!そんな時は・・・

 

 

失敗する転職理由とその対策

 

 

今働いている、もしくは働いていた会社に不満を抱えて転職を考える人は意外と多いようです。しかしながら、転職したからと言って次に満足のいく日々を送れるかというと、100%保障はないということも念頭に置いておいてください。
人はなぜ転職に失敗してしまうのか。
まずは、転職したいと思うきっかけとなるの理由と対策を探ってみましょう。

 

 

仕事にやりがいが見いだせない

 

仕事がつまらなく感じたり、やりがいあるとは思えない・・・そう思って転職する人が増えています。
自分にはもっと才能があるのに、こんなことをしていてもいいのか?いや、こんなつまらない仕事よりももっといい仕事があるはずだ・・・という気持ちを転職理由にしてしまうと、次の転職先の面接官には「ただ仕事に不満があって辞めた人」という目で見られ、全く魅力的には映りません。
たとえつまらないと感じた仕事であっても、その仕事を変える努力をしていなければ、すぐに仕事を放棄する人だと思われてしまうでしょう。
まずは、仕事を楽しむ努力をすること。転職を考えるのはそれからでも遅くはないでしょう。

 

人間関係の失敗

 

どこで働いたとしても必ずついてくるのが人間関係の問題です。つまりは、以前の仕事で人間関係が悪くても次に働いたところで良い環境とは限らないのです。
ここで一度頭に刻み込んでほしいのが、「人間関係は自動的に作られるものではなく、自分の努力で変わるもの」という事です。もちろん、すべてこれが当てはまるわけではありませんが、自分の努力なしでは改善されないということを忘れないで下さい。
さらに、転職理由として以前の会社での人間関係の悪化を持ち出すのはあまり良くないでしょう。
マイナスなことよりも、プラスな表現をアピールした方がいいからです。

 

給料が低かった、下がった

 

 

昔とは違い、年功序列で給料が上がっていくシステムはもう古いと言われる時代です。自分の仕事を評価されてからの対価なので、下がっていくという現実はかなりショックを受けてしまいますね。
しかし、以前の会社のお給料事情を次の転職先に伝えるのはかなりマイナスです。
転職理由として説明する場合は、自分のキャリアプランをアピールし、転職によって成長したいという前向きな気持ちを伝えましょう

 

 

部署の異動

 

大きな組織に入る人は特に部署異動によって今までしていた仕事とは打って変わって、ある日突然全く違う仕事をしなければならないことが多々あります。ですが、部署異動はある意味サラリーマンの宿命です。そのたびに転職を考えていたらきりがありません。
まずはその部署の仕事を覚え、その業務が自分に合うかどうか、納得のいく仕事ができるかどうかを判断しましょう。どうしてもできない仕事であるなら、その時に転職を考え、転職理由を明確にしていきましょう。

 

精神的、体力的な限界を超える

 

最近よく聞くブラック企業の内容として最も多い「休みがない」「サービス残業」ですが、これによって精神的にも肉体的にも限界を超え、うつ病になるまで頑張ってしまう人もかなり多いです。日本人はとにかく真面目なので上司に言われた事は最後まで守り、頑張ろうとするので自分でも気づかないうちに身体がむしばまれていることも。一番大切なのは自分自身です。
転職する前に、改善点がないか部署異動や上司に報告などで状況を変えることができないかをもう一度冷静に考え、その上で改善が見込めないのであれば転職を検討しましょう。

 

⇒それでも解決しない・・・複雑な職場の悩みは、こう対処したほうがいい

 

 

転職するのに年齢制限がある?

 

 

転職するのにリミットがあるという噂があることをご存じでしょうか。

 

28歳、32歳、35歳・・・など、さまざまな憶測が飛び交っています。

 

まず、28歳説について。
理由としては、仕事を覚え、定着していくのに2年はかかります。社会人として一人前に認められると言われている30代前半までに実績を残すためには、最低でも30歳までに転職をしておかなければその時期がどんどんずれてしまいます。逆算をして、28歳がそのギリギリの年齢ではないかという説です。

 

次に、32歳の説
その理由が、上司になる人が自分よりも年上であるというギリギリの年齢というものです。
昔ながらの「年功序列社会」が根深く存在し、まだまだ気にする会社もあることも事実。「上下関係」というのは、「スキルの違い」か「年齢」かというところで意識の違いが生まれています。
とはいえ、今の時代、スキルの違いが重要視されている会社が多いので、上司が年下であっても、自分よりもスキルが高ければ問題はないと考える企業が増えつつあります。

 

そして、一番よく耳にする35歳が転職の限界という説
それは、その年齢を超えると定年(60歳)まで25年を切ってしまい、キャリアアップの時間が足りなくなるため・・・というものです。
しかし、これも噂でしかありません。なぜなら現在35歳以上の転職成功者は全体の35%もいるので、これは事実ではないということになります。

 

また、女性においては30歳が転職の限界という説もあります。
それは女性だから求人が減る、ということではなく、一般的に結婚や出産などの人生の節目を目前にした年齢であるため、1年2年で辞められては困ると考えている企業がほとんどだからではないでしょうか。
しかしながら若い人材が減っていく中で今後こうした状況も変わっていきつつあると思います。

 

 

⇒実際のところ、年齢が原因で転職しにくいことってあるの?

 

第二新卒は転職に有利なのか。中途採用は?

 

 

 

第二新卒を採用する上での企業側のメリットは、学校から出たての新卒とは違い、社会人としてのモラルの意識やマナー教育に費やす費用と時間をかける必要がないというところです。仕事に対して新卒よりもはっきりとした意識を持った人材が多いようです。また、第二新卒ではこれまでにちゃんとした職歴がなくアルバイトとしての経験しかなかった、という人材でも採用される可能性が高いようです。
受け入れ体制や入社後の対応、キャリアアップはにおいて新卒と同じ条件という場合が多いですが、仕事を覚えることや人間関係へのプレッシャーは新卒よりも少ないと言えます。

 

では、中途採用はどうなのでしょうか。
中途採用は未経験であっても職歴があり、年齢も幅広いようです(第二新卒を含む)。
また、企業側も何らかのスキルを期待して採用をしていることが多く、その点では第二新卒よりも短期間で知識や技術を習得することが求められますが、評価されれば昇進や昇給が早い場合もあるようです。

 

 

⇒第二新卒や中途採用の方がもっとも転職しやすいルートとは?

 

 

ブラック企業・ホワイト企業の見分け方

 

<<ブラック企業の特徴>>

 

 

募集期間が長い(又はずっと募集している)

 

ブラック企業は出入りが激しく、年中求人を出しています。常に人手不足に悩まさせている為です。求人数が増える時期というのは一般的はに3〜4月・9〜10月です(3月・9月は退職者の補充、6〜7月はボーナス後の退職者の対応によって増える傾向にあります)。怪しいと感じた企業は避けるようにした方がいいかもしれません。
求人広告の掲載期間は基本的に決まっています。にもかかわらずいつまでも掲載されている企業には注意が必要。予定していた募集人数に満たないので追加の掲載料を支払って出しているか、離職率が高く常に人材が不足していて掲載し続けている場合があります。

 

給料設定が高すぎる

 

明らかに同業種に比べ給料が高い場合は注意してください。また、給料に幅がある(年収300万〜700万円など)場合も後にトラブルになる場合があります。
その場合、頑張ればどんどんお給料が上がっていくんだと思わせておいて実際は掲示された金額よりも大きく下回るケースがあります。(引かれるものが多い)

 

パワハラやモラハラが日常的

 

 

最近では刑事訴訟になりかねないパワハラやモラハラ。ブラック企業では昔から日常的に行われているところが多く、特に気に入らない従業員に対して精神的に追い詰め、自主退社に追い込んでいくパターンが多くあります。パワハラをする上司もまた自分が受けていた経験があり、長期に渡って会社全体に染み込んでいるものなのですぐに改善されることは難しいでしょう。

 

常識外れのスローガンを掲げている

 

ブラック企業の典型ですが、無茶なノルマを足りない人数で回しているため、精神論が重要視されていることが多くあります。毎日の朝礼で大きな声で叫ばなければいけないスローガンは「欲しがりません、勝つまでは」など、一見体育会系のような心地いいものに聞こえますが、実際は成績のためなら残業も休日も無償で頑張ります、といったような意味合いになるので注意が必要です。

 

求人情報で見かける「アットホームな職場です」

 

ブラック企業ほど、外見を気にしすぎて無理に取り繕った笑顔で仲良さげな写真を求人サイトなどに掲載しているところが多いようです。ホワイト企業はそんな写真を載せずとも口コミからもいい雰囲気が挙げられているので逆に写真を載せていないところも多いんです。

 

 

<<ホワイト企業とは>>

 

 

 

勤務時間に厳しい

 

残業をなるべくしないように徹底しているのがホワイト企業の特徴。もしも残業をしてしまってもきちんと報告するなどして働いた分は収入として必ず還元させています
休日出勤もなるべくしない方向ですが、どうしてもの場合はその分ちゃんと休みが取れるようになっているはずです。

 

人間関係が円滑

 

人材をとにかく大切にし、社員の教育制度もしっかりと行われていること。社内全体がそのステップを踏んでいるので、お互い気持ちがわかり、おのずと雰囲気が良くなる傾向です。また、社員がスキルアップに成功すればその分きちんと還元してくれ、みんながやる気に満ちた状態が続くので不満を言う社員が少ないことも大きな特徴です。

 

福利厚生が充実している

 

健康保険や厚生年金などの法律で決められているいわゆる「法定福利」の他、住宅補助や社員食堂・祝い金、社員優待など、企業側が独自に実施している「法定外福利」があり、どちらも充実しているのがホワイト企業の特徴です。

 

転職をする際にブラック企業かホワイト企業かを見分けるには、企業の細かな部分をリサーチすることが重要。どういうことかというと、ボーナスは何ヶ月分かいつ支払われるのかなど給与のことはもちろん、会社で用意されている制度の確認と実際に行われているかを確認してください。
具体的にはその企業の離職率や取得可能なはずの休日が取れるのかどうか。このあたりはクチコミでしかわからない部分になるので、転職エージェントに確認を取ったほうがいいですね。

 

⇒正しい情報が知りたい!ブラック企業かどうかわかる、口コミ満載の転職エージェントは?

 

 

転職活動に有利で役立つ資格とは

 

 

 

転職する時に自己アピールとして大きな武器になるのが「資格」。その会社にとって有益だと思われた場合、採用される可能性がかなり上がります。
自分が目指す企業の業務内容に応じてぜひ取得しておきたいところです。

 

これは取得した方がいい!おススメの資格

 

・登録販売者
・土地家屋調査士
・宅地建物取引業
・中小企業診断士
・電験三種
・簿記
・ケアマネージャー

 

など。

 

さらに資格の基本中の基本、運転免許は取得しておくべきです。
少し前までは高校卒業までに取ることが主流で、男性は特に取得率が高かったのですが、最近では特に首都圏に住む方は運転免許を持っていない人が増えています。
公共の交通機関がかなり便利になっており、車に乗らずとも全国どこへでも行けるようにはなってきましたが、就職の幅を広げるためには必ず取っておいて損はない物になっています。

 

 

⇒これは強みになる!企業によってちがう、欲しい人材はこんな人!

 

 

未経験からの転職、成功ポイントは

 

 

時々、求人サイトなどでも未経験OKというものを見かけます。
実は経験が必要そうな職業(例えばIT業界)でも未経験可の求人が増えているのも事実。
しかしながら、経験がなくても入ってしまえば何とかなるという安易な考えで入社し、3か月もしないうちに退社してしまったという話もすくなくありません。
なぜ大量に求人を出すのか。
それはサービスの向上やニーズについていくために常に人を欲しているからだと言えます。
そこでとりあえず転職したいという思いだけで入社した人は目的もなしに勉強がつづくわけもありませんし、手に職をと思って入ったのに実は営業だったというケースもあり、長く続かない結果に終わってしまうというわけです。

 

そんな中、未経験でも転職に成功したという実例もあるのは確かです

 

統計では未経験の仕事にチャレンジしたことがあるという人は、転職経験者の70%にも及ぶとか。
理由として、「スキルが身に付く」『以前から気になる仕事だった」との声が多数。
やはり、その仕事にいかに興味があるかがカギの様です。
一方で未経験者が一番苦労したことは「教えてくれる人がいなかった」という問題も。
前任者が突然退職してしまったために何の引継ぎもできずに困った、ということや、経験がないので専門用語などがわからず自分で解読するのに時間がかかった、など。
ここでもブラック企業かホワイト企業かの差が生まれます。
ホワイト企業であれば未経験者が一人で仕事ができるようになるまでに研修期間を十分に設けている場合が多いので離職に繋がりにくいのです。

 

⇒本当に未経験でも成功に導いたという、ホワイト企業を扱う転職エージェントとは?

 

 

休日・休暇(産休・育休)の取得率が高い

 

 

ブラック企業なのか、ホワイト企業なのか、その目安ともいえるのが、休日の取得率です。
休日がとりやすいかどうかは、働きやすさをはかる一つの目安です。
調べてみたところ、企業側に開示義務がないということもあり正確な数字は見ることはできませんが、それでも上場企業の3割が答えているということ。
1位になったのはとある鉄道会社で、有給休暇が23.1日取得できるとでていました。2位も22.0日、3位は21.0日・・・と石油関連や電力会社などのインフラ企業が目立っていて、事業が安定していることも伺えます。
調べに応じた企業の平均有給休暇取得日数は年9.2日で、多くの企業は付与日数の半分近くしか取れていないこともわかりました。
しかし中には有給休暇どころか、取れてしかるべき産休や育休、さらには普通の休日さえもきちんととれない企業もあります。会社に入る前にきちんと確認し、取れるとわかったうえで実際は取れなかった場合は訴えてもいいレベルなので、確認は怠らないようにしましょう。

 

 

⇒休日・休暇が取りやすい企業って?転職前からわかる、企業の内部事情

 

 

40代、50代の管理職に強い転職エージェント

 

 

40代ならまだ働き盛りと呼ばれる世代ですが、それなりの経験や知識がなければ転職はかなり難航します。
さらに50代ともなれば企業側が早期退社を募る世代。厳しいですが、新たに雇用するのは最も難しい世代だと言えます。それでも転職ができるとなれば、よっぽど特殊技術を持っている人材であるか、即戦力としてすぐに会社の運営に貢献してくれるかとなりますが、なかなかそこまでの人材は見つからないのが現状です。
50代の再就職ともなればだいたいが派遣労働者に落ち着くケースが目立ちます。
まだ住宅ローンが残っていたり、大学在学中の子供がいたりで生活面で厳しい世代は、それでもなんとかしがみついて働いている人が多いです。

 

それでも何とか転職したい、定年を迎えるまで以前のようにバリバリ働きたい!と思う人は多いはず。
長期戦は覚悟すること、そして「俺様的思考」を一切捨てて新たな気持ちで臨むこと。
それが成功のカギとなるかもしれません。

 

しかしながら、自分の力で探すとなるとかなりの高確率で失敗することになります

 

ここで自分の持っている仕事の能力と妥協点をもう一度考え直してみて下さい。
ポイントは「こだわり」や「先入観」を捨ててしまうのです。
過去の栄光を一度リセットすることで仕事を探す幅が広がります。

 

それでもやはり年齢的に管理職に就きたい、自分の経験を少しでも活かせる仕事がしたいと強く思うのなら、転職エージェントに相談することが一番の近道になるようです。

 

転職エージェントでは、採用になるように転職者のウィークポイントを探ってくれ、履歴書の書き方、面接の受け方から徹底的に指導してくれるので、受けの良い人材に近づくことができます。

 

さらに最も大事なポイントとして、まだ在職中の人は転職を決意したからといってすぐに辞めないで、在職しながら次を探すようにした方が良いようです。

 

上記で言いましたように、長期化する恐れがあることと、転職活動をしているうちに「辞めなければよかった」という後悔の波が何度かくる可能性があるからです。
退職してしまったらもう取り返しがつきません。
いかに世間が冷たいかを感じ取るでしょう。
転職を成功させるには、かなりの強い意志がないと実現できないということになります。

 

 

⇒もっとも厳しい40代以上の転職をあっさりと成功させる秘訣とは?

 

 

働きながら転職活動をするのは可能か

 

 

転職を考えた時にまず「辞表を書かないと」と思いますよね。
でもそれはちょっと待って!
実は昨今働きながら転職活動をする人が増えています。
なぜなら・・・

 

会社を辞めてからではリスクが高すぎる

 

たしかに辞めてからの方がフットワークが軽くなり、面接にも行きやすいですね。
(土日に面接を実施する会社はほとんどない)
しかし、辞めて活動したからと言って100%仕事がすぐに決まる保証はどこにもないわけです。
慎重に行動しないと、人生設計がどんどん崩れてしまうことに。

 

働きながら転職は時間的に無理なのではないか、と思うのですが、実は知らないだけで簡単に解決する方法があったのです。

 

転職エージェントを利用する方法です。

 

転職エージェントとは、企業と求職者を仲介するサービスの事。

 

この転職エージェントに間に入ってもらい、日程調整や細かな交渉を依頼することが可能です。
ここで、現在も在職中であることを伝え、希望の日程が出せるので気兼ねなく面接を受けることが可能になります。

 

 

⇒知っていると知らないとでは大差が生まれる!転職エージェントで転職を成功させる方法とは?

 

 

ハローワークで探すか転職サイトか

 

 

転職と言えば昔からハローワークに通い、検索をして出した求人を窓口で企業に取り次いでもらう・・・という方法でお馴染みです。
転職の事はハローワークへ行けば何とかなる、とさえ思うくらい、昔から根付いている機関ですね。
希望をすれば適性検査なども無料で受けられるので、次の就職の為に活用している人もたくさんいます。
また、失業保険や再就職手当などの手続きなどもハローワークで行っているので、その手続きのついでに職探しをする人も。
しかし、ハローワークがあっせんする求人は中小企業が多いという事と、ブラック企業かどうかは判断がつかない、というデメリットもあります。

 

そこで比較されるのが求人サイトです。
ハローワークよりも求人情報数が豊富で中でも大手企業が多いというところがメリットと言えます。

 

対象に、デメリットを挙げるとするなら、仲介する人がいないので全て自分で行動しなければならず、さらに掲載されている情報以外の事は一切わからないので、面接をとりつけるのもある意味賭けのような感じなのです。

 

 

ここでハローワークのようにあっせん・仲介をしてくれ、求人サイトのように大手企業がある中から選ぶことができる・・・という「美味しいとこ取り」をしているのが転職エージェントです。

 

 

さらに転職エージェントは年収交渉や聞きづらい質問も代行してくれ公にされていない非公開求人や特殊な求人もあるので転職活動の幅が広がります。

 

地元で就職、おススメの業種や企業は?

 

 

大学が地方でそのままその土地で就職してしまったという人も多いはず。
または東京などの大都市に憧れて一旦上京し、親の老後などの事を考えてゆくゆくは地元に戻りたいと思う人もいるわけです。
そんな中、都市ではわりと働き口がたくさんあるけれど、田舎の方ではどうだろう・・・という心配がよぎりますよね。
まず、情報が全くない状態で仕事を辞め、地元に戻るのはかなり勇気がいる行動です。
求人サイトで地元のハローワークのサイトを見たり、企業のホームページなどを閲覧して下調べをするにしても、100%転職が可能かと言えばそうは言いきれないのが現状

 

ここで力を発揮するのが、転職エージェントの力です。

 

全国各地に拠点が点在している為、望んだ土地での転職活動がとてもスムーズに行われるようになります。
さらに、Uターン転勤では失敗や後悔が数多く、これから起こす行動の仕方ひとつひとつが成功のカギとなります。

 

⇒Uターン転職を大成功させるには、ちょっとしたコツが必要だった?!

 

Uターン転職で失敗・後悔しないために

 

 

 

地元に帰って転職をする、いわゆるUターン転職が増えつつありますが、まずそのメリットとは何か。

 

・物価が安いので生活水準が上がる
・住み慣れた土地なので出かけやすく、昔からの友人が多い
・子供がいる場合、自分の親に面倒を見てもらいやすい
・親に何かあったら・・・という不安が解消される
そのほか、渋滞やラッシュに遭いにくい事や、自治体のサポートが手厚いという声もあります。

 

逆に、デメリットとは?

 

・自分の希望に合った(得意とする分野)の求人が見つかりにくい
・年収が低くなる
・中小企業が多く、ブラック企業に当たる可能性も高くなる
・近所づきあいが濃厚の場合が多く、面倒
・車通勤がほとんどなので、車を持っていないと不便

 

これらを踏まえて、Uターン転職がおすすめな人を分析しました。

 

⇒年収が低くなっても生活のゆとりを優先したい
お金の事よりも、住む環境や周りのサポートなど、心のゆとりが大きく感じる人は満足度が高いと言えます。

 

⇒地元にも働きたい仕事がある
都心部よりも求人数が少ないため、事前に仕事の的を絞って帰るという人は成功しやすい傾向にあります。
やりがいを求める方が上回っている人はその仕事が長続きするでしょう。

 

⇒車通勤でも気にならない人
都会の方だと交通機関が充実していたため全く必要がなく、むしろぜいたく品だと思われていた車も、土地によっては家族一人に一台あるところもあり、実質「足」として活躍しています。
慣れてしまえばラッシュで毎朝苦痛を味わうこともありませんし、季節を問わず快適な通勤が実現します。

 

これらを十分に考え、自分はUターン転職が本当に合っているかどうかを分析してみましょう。
最後に成功する法則として
地元に強い転職エージェントや転職サイトを活用する
という方法があります。
地方やUターン転職に特化したものもありますので、こうしたサイトを利用することで他の媒体では見つけられない非公開の求人を探すことができるでしょう。

 

転職サイトと転職エージェントはどう違うの?

 

 

転職を決意してから、よく耳にする「転職サイト(求人サイト)」「転職エージェント」
そもそも、その2つはどう違うの?同じじゃないの?
と思う人もいるのですが、実はこの2つ、全く別のものなのです。
知らないでいると絶対に損をする!
必ず違いを知って使い分けるようにしましょう。

 

・転職サイトとは

 

求人を募集している会社がサイト内などで紹介しているものになります。
募集している業種や勤務地、これだけは持っていてほしいスキルなど、それぞれ異なる求人先がたくさん紹介されており、自分に合った会社があるかどうか、その中から見つけます。
自分で探すので、自分のペースで転職先を探すことができます。

 

・転職エージェントとは

 

転職サイトが自分で転職先を見つけるのに対し、転職エージェントは担当アドバイザーが求人先を見つけ出してくれるというものです。
担当アドバイザーが事前に適正を判断し、希望する条件にピッタリ合うか、今までのキャリアを生かす仕事ができるかなどを判断。ベストな転職先を見つけてくれます。
また、在職中に転職活動をするときなどは面接の日の手続きや聞きにくい条件の交渉などを代行して行ってくれるので、かなりありがたい存在になります。
さらに印象が良くなる履歴書の書き方や面接の方法なども伝授してくれるので、やみくもに活動するよりもかなり成功率が高くなるというわけです。

 

ここでは転職サイトと転職エージェントの内容をお伝えしましたが、実際のところは転職サイトに比べ、転職エージェントの方が求人数が少ないですが、非公開となっているものが多いです。その分、厳選された企業ばかりが登録されていて、採用率が高いので、少なくても効率よく転職活動できるというわけなんです。

 

 

転職活動中のSNSは危険!

 

 

スマホひとつで何でもできる現代おいて、SNSもまた生活に欠かせないツールのひとつとなっています。

 

Twitter、Facebook、Instagram、LINE・・・

 

転職する方々はすでに学生気分は抜けている方が多いはずなので、そこまで利用回数は多くないかもしれませんが、
面接ではわからない部分を補うためなのか、人事担当者が転職希望者のSNSを調べて普段の様子などを調べているということも実際あるのです

 

面接での姿と普段の姿は違うものです。プライベートを公開している人がほとんどですから、面接でいくら取り繕っていても本当の姿ではないということで、検索をするとすぐにばれてしまうということも

 

ポイントは面接で作りこみすぎないことです

 

見るからにプライベートは全然違うはずだと思えるような感じであればすぐに調べられてしまいます。

 

もしくは、転職活動中はSNSを非公開設定にすることをお勧めします

 

自分がどうしても転職したいのであれば、その企業の選考を受けている間は余計な情報をその企業に与えないようにしたほうが無難ですね。

 

 

 

もう一度考えて!転職しないほうがいい人ってどんな人?

 

 

転職をすれば、今よりももっと収入が増えるはず、今よりもさらに待遇がいい会社で働けるはず!と安易に考えていきなり転職を考えてる人はちょっと待って!

 

・これまでの労働条件がかなり恵まれていた
・転職経験がなく、働いていた職場以外との接点があまりなかった

 

という人はちょっと危険かもしれません。
自分の中の理想が膨らみすぎて、勢い余って転職したとしても、実は今までの職場の方が待遇が良かった・・・こんなはずじゃなかった!と後悔することになるかもしれません。
まずは在職中に他の企業がどんな雰囲気でどんなスキルを必要としているのか、自分とのマッチングはどうなのかをじっくり調べてみることから始めなければいけません。
この時に役に立つのが転職エージェントの存在です。
学校を卒業後、一つの会社だけで過ごしてきたことは、いわば「世間知らず」な状態。第三者である転職エージェントに仕事の適正などを診てもらい、自分の能力がさらに他の会社で高い評価を受けることができるのかなどのアドバイスを受けましょう。
希望の転職先に出会えるよう、あらゆる方法で導いてくれるので、とても心強いです。

 

転職を繰り返している人は、何回までならOK?

 

 

 

なかなか自分にピッタリ合った職場に出会えず、これまでも何度か転職を繰り返してきた人は
「転職回数が多いと転職に不利なのでは」
と思う事でしょう。
しかし、もしも次に希望する転職先があなたのスキルを必要としていたら?
転職回数を理由に転職を思いとどまることは本当にもったいないかもしれません。

 

そもそも、転職回数が多いと不利になるのでしょうか??

 

やはり、一般的に
・耐えることができない、我慢が出来ない性格
・精神的に弱い
・すぐに辞めてしまうのではないか

 

というマイナスなイメージを持たれてしまうのは確かです。
しかし、その企業が欲しがるスキルや経験を持っていれば話は別です。
これも、転職回数を気にする企業かどうかにもよりますが、もともと入れ替わりが激しいような業界では転職することが一般的なので、転職回数が多いことが問題となることも少ないでしょう。

 

ですから、一概に○回までなら転職を重ねても大丈夫という問題ではなさそうです。
ある程度の年齢の人が転職を繰り返していても一般的に不思議な事ではありません。しかし、まだ20代で、勤務期間が1年たたずに転職を繰り返していると、転職理由をしつこく聞かれることもあるようです。

 

 

 

 


アンカーテキスト

 


アンカーテキスト

 

 


アンカーテキスト

 

 


アンカーテキスト

 

 


アンカーテキスト

 

 


アンカーテキスト

 

 


アンカーテキスト

 

 


アンカーテキスト

 

 


アンカーテキスト

 

 


アンカーテキスト

 

 


アンカーテキスト

 

 


アンカーテキスト

 

 


アンカーテキスト

 

 


アンカーテキスト

 


アンカーテキスト

 


アンカーテキスト

 


アンカーテキスト

 


アンカーテキスト

 


アンカーテキスト

 

更新履歴